川崎市で児童ら20人が殺傷された事件で、自殺した容疑者が引きこもり傾向だったことが明らかになり、過剰な偏見を懸念する声が上がっている。容疑者を巡っては「死ぬなら一人で」との非難も目立つ。