沖縄県浦添市の50代男性幹部職員が市内の飲食店で客の40代女性の胸などを触ったとされる問題で、同市の松本哲治市長は31日、市役所で会見を開き、「本人と関係者に深くおわびする」と謝罪した。女性は警察に相談しており、捜査を踏まえて処分を決める。その間は同幹部を通常通り勤務させるという。

会見で謝罪する松本哲治市長(中央)、大城千栄美副市長(右)、新垣剛総務部長=31日、浦添市安波茶・浦添市役所

 問題が起きたのは3月26日夜で、市議会3月定例会の打ち上げの2次会だった。同幹部を含めた市職員6人と複数の市議が参加していた。

 女性側によると、夫とカウンターで飲食中、同幹部に突然後ろから肩をつかまれたり、胸を触られたりした。止めに入る客もいたという。

 女性がいたカウンター席は、市幹部らのグループがいた席と反対側。ほかの職員らは問題の行為は見ておらず、女性の夫が声を上げたことで気付いたという。

 同幹部への聞き取りは3月に野口広行前副市長が、5月に総務部がしており、同幹部は「酩酊(めいてい)しておりほとんど覚えていない。事実であれば謝罪したい」と釈明したという。

 問題確認から会見まで2カ月たっていたことについて、松本市長は「内容が繊細で、当事者が和解に向かう過程を見てしかるべき行動を取るべきだと思った」と説明。処分については「長く引っ張るのも問題」とし、「起訴されたか警察の判断が出た後など、時期を見て手続きを進める」とした。