JTB沖縄(那覇市、杉本健次社長)は1日、那覇市の波の上うみそら公園で、観光需要創出のための新キャンペーン「オキナワイーモーション」を開いた。音楽やフードイベントなどがあり、家族連れや、国内外の観光客でにぎわった。2日まで。

JTB沖縄の新キャンペーン「オキナワイーモーション」で県内初お披露目となった「アメージングバイク」に乗車する参加者ら=1日、那覇市

JTB沖縄の新キャンペーン「オキナワイーモーション」で県内初お披露目となった「アメージングバイク」に乗車する参加者ら=1日、那覇市

JTB沖縄の新キャンペーン「オキナワイーモーション」で県内初お披露目となった「アメージングバイク」に乗車する参加者ら=1日、那覇市 JTB沖縄の新キャンペーン「オキナワイーモーション」で県内初お披露目となった「アメージングバイク」に乗車する参加者ら=1日、那覇市

 沖縄初上陸のカウンター付き10人乗り大型自転車「アメージングバイク」も登場。専門の運転手が操縦し、乗客がペダルをこぎながら、飲食を楽しみ、公園内を周回することができる。担当者は「観光気分を味わえるユニークな自転車。多くの人に乗ってもらい沖縄観光の定番にしたい」と話した。

 県内の食材などを使った料理やスイーツを楽しめる食べ歩きイベント「フードフレア」や、人気音楽アーティストやDJが参加するライブイベント「アソビーチ」もある。