タイムス×クロス 木村草太の憲法の新手

木村草太の憲法の新手(105) 衆院解散の手続法を 内閣は議員に理由を説明すべき

2019年6月2日 10:00

 夏の参議院選挙に合わせ、衆議院の解散総選挙が行われる可能性が指摘されている。そこで、解散権のありかたについて検討してみたい。 憲法69条は、内閣不信任決議による衆議院解散を定めるが、それ以外にも解散できるのかは解釈の余地がある。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング