第11管区海上保安本部は3日、宮古島海上保安部に最新装備を搭載した強化型巡視船9隻が配備されたとして、沖縄県宮古島市内のホテルで披露式典を開いた。 同本部は2016年から、遠隔放水銃などの規制能力や追跡・補足能力を強化した巡視船の配備を進めてきた。全体ではこれまでの3隻から11隻に増強される。