ザ・テラスホテルズ(名護市、國場幸伸社長)は5月30日、社員研修の一環として沖縄タイムス社が提供する「新聞の読み方講座」を那覇市の國場ビルで開いた。社員28人が参加し、紙面の仕組みや、記事の見出しから効率的に情報を得る方法などを学んだ。沖縄タイムス読者局の久場まどかNIB担当が「文章を書くときには具体的な数字を入れると比較することができ、詳しく伝えることができる」と説明。「新聞の記事を活用してお客さまへの情報提供ツールに役立ててほしい」と強調した。

紙面の仕組みなどを学ぶ受講生ら=5月30日、那覇市の國場ビル

 受講した町田桃萌子(ももこ)さん(20)は「1面のトップ記事が入れ替わることがあることに驚いた。新聞は難しい印象だったが身近なものになった」と話した。宮里政耶(せいや)さん(22)は「スポーツ記事をよく読んでいた。漢字が多い印象だったが、やさしい文章で書かれていることが分かったので読んでいきたい」と話した。