6日は二十四節気の一つ「芒種(ぼうしゅ)」。沖縄では前の節気「小満(しょうまん)」と合わせて「小満芒種(スーマンボースー)」といい、梅雨の時季を指す。

梅雨の晴れ間に咲き誇るオキナワキョウチクトウ=5日、沖縄市・県総合運動公園(落合綾子撮影)

 梅雨の晴れ間が広がった5日、沖縄市の県総合運動公園ではオキナワキョウチクトウが咲き誇っていた。かれんな白い花に見入り、写真に収める人もいた。

 沖縄気象台によると、向こう1週間は梅雨前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多い。期間のはじめは高気圧に覆われて晴れる日もあるという。