お仕事をしていると、どうしても意見のぶつかり合いが出てくる。そんな時、つい興奮して大きな声を出してしまったり、相手に向けて人さし指を突きつけてしまったり…。あの日に戻り、私が上司に突きつけた人さし指を、噛みちぎりたくなった。そんなドキュメンタリー映画。

RBG 最強の85才

 主人公は、85歳で現役のアメリカ最高裁判事を務める女性、ルース・ベイダー・ギンズバーグ。弁護士時代は、難問、性差別問題に率先して取り組み、勝訴を重ねた。女性の人権が確立されていなかった当時のアメリカに、男女平等の基礎を築いた人だ。

 彼女のファイトスタイルは優雅。相手の話をよく聞き、理解したうえで、穏やかに正論を届ける。言葉の並べ方も、伝え方も大変美しい。知的で優秀な大人の女性。家事は苦手らしいが、彼女の生き方に学ぶところは多い。(桜坂劇場・下地久美子)

◇桜坂劇場で上映中