沖縄県浦添市の浦西中学校のテニスコートに、米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリコプターからプロペラ部分に付けられるゴム製の保護テープが落下した事故を巡り、米軍の部品点検のリストに保護テープが含まれていなかったことが7日、分かった。沖縄県の謝花喜一郎副知事が抗議のため、北中城村のキャンプ瑞慶覧で面談したポール・ロック米海兵隊太平洋基地司令官が明らかにした。

米軍への部品落下事故の抗議後に取材に応じる謝花喜一郎副知事=7日、北中城村・キャンプ瑞慶覧ゲート前

 謝花副知事は浦添市の在沖米総領事館を訪ね、ロバート・ケプキー総領事にも抗議。ロック司令官、ケプキー総領事ともに事故を「遺憾だ」としたが、直接の謝罪はなかった。

 ロック司令官によると、米軍機の部品は専門家とその上司で三重のチェックを実施しているが、テープはリストに入っていなかった。事故を受け、新たにリストに加えたという。

 謝花副知事は面談後、記者団に対し、テープがリストになかったことについて「米軍側は(テープは)飛行の安全に関連するものではないので、現場の作業員が目視していたと言っていた。その辺の感覚が私たちと違う。飛行に影響するしないにかかわらず、落下物は許されない」と不快感を示した。

 謝花副知事は抗議に先立ち浦西中を視察。名護清和校長は、米軍機が学校の上空を飛行しないよう働き掛けることを要望した。

 ロック司令官は謝花副知事との面談で、日米が合意したルートで飛行しているが、離着陸の際は合意の範囲内で住宅地を避けるようルートを見直しているとして、理解を求めたという。