日本トランスオーシャン航空(JTA)は8日、羽田発宮古島行の便を乗務する予定だった機長の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたとして、同便を欠航したと発表した。