国内交通大手の第一交通産業(北九州市)が沖縄に進出して来月18日で15周年を迎える。主力のバス・タクシー事業は県民だけでなく、観光客の足としても県内各地を巡り、沖縄観光を支える上で欠かせない存在となっている。5月には県内の交通渋滞の緩和に向けて、海上交通事業にも挑戦。