沖縄県糸満市武富の住宅建て替えで見つかった米国製250キロ爆弾1発の不発弾が9日、発見場所で処理される。避難対象は半径283メートルの約400世帯1200人、5事業所。市によると、少なくとも2012年以降、市内で一度に千人以上が避難する不発弾処理はなかった。

(資料写真)2016年5月に那覇市宇栄原で信管が取り除かれた250キロ爆弾の不発弾を回収する自衛隊員

不発弾処理 現場の地図

(資料写真)2016年5月に那覇市宇栄原で信管が取り除かれた250キロ爆弾の不発弾を回収する自衛隊員 不発弾処理 現場の地図

 同日午前9時から避難誘導と周辺の交通規制を実施。10時から処理を始め、正午ごろ終わる見込み。現地対策本部は北波平公民館。避難所はJAおきなわ兼城集荷場と兼城小学校。

 発見現場一帯は住宅街で、50年以上住んでいる大城夏子さん(81)は「不発弾での避難は初めて。戦後は爆弾の大穴がたくさんあった土地で、探査もない時に建った家の下から見つかっても不思議はない」と話した。