沖縄タイムス+プラス ニュース

「やったー」閉ざされていた扉が女子にも開かれた! わんぱく相撲、3人が初の全国へ

2019年6月9日 21:52

 これまで閉ざされていた全国への扉が女子にも開かれた。沖縄県浦添市のANAどすこいパーク浦添で8日に開かれた第1回わんぱく相撲女子沖縄ブロック浦添全島大会(主催・浦添青年会議所)で3人の女子が初めて全国大会の切符を獲得した。これまで優勝しても大会規定で全国に出場できなかった伊江村立西小6年の島袋心海(しんか)さんは6年生の部を制し「ずっと全国に行きたかった。日本一になってコーチ陣に恩返しする」と喜んだ。

6年生の部で熱戦を繰り広げた女子選手。左は優勝した島袋心海さん=8日、浦添市仲間・ANAどすこいパーク浦添

わんぱく相撲沖縄ブロック浦添全島大会で優勝した男女選手

6年生の部で熱戦を繰り広げた女子選手。左は優勝した島袋心海さん=8日、浦添市仲間・ANAどすこいパーク浦添
わんぱく相撲沖縄ブロック浦添全島大会で優勝した男女選手

 わんぱく相撲地区予選はこれまで男女混合で実施。全国派遣のある4~6年生の部で女子が優勝しても全国には男子しか出場できなかった。

 浦添青年会議所が昨年、出場選手と保護者に実施したアンケートでは、大半が「女子も全国大会に出る機会を得た方がいい」と回答。全国大会の主催団体の一つ、東京青年会議所が今年から女子の全国大会を新設、県内でも男女別で予選大会を設けた。

 同日は男子の予選大会も同じ会場で開かれ、男女計148人が出場した。全国出場権を争う4~6年生の男女各部には男子40人、女子22人が出場し、父母らの声援を受けて熱い取組を繰り広げた。表彰式では土俵の土が付いたまわし姿の子どもたちが、誇らしげに賞状を受け取った。

 5年生女子の部で優勝した西小の比嘉羽里奈(はりな)さんは、女子の全国大会ができたと聞いた時に「やったー。自分も行けるかな」と喜んだという。全国に思いをはせ「沖縄より強いんじゃないかな。倒せるか楽しみ」と闘志を燃やした。4年生女子は浦添市立浦城小の仲宗根未久さんが制した。

 外間洋平大会実行委員長は「男女問わず子どもの一生懸命な姿勢に学ばされた。女子の出場者が増えたので来年はさらに期待したい」と喜んだ。

 女子の全国大会は8月25日、東京都の奥戸総合スポーツセンターエイトホールで開催される。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
運転手メシ特別企画「お肉の名店」特集です。夏こそ!ガッツリ!食べて!元気チャージ!!
高校野球
高校野球
第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会(6月22日~)の全試合をイニング速報します。
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします