沖縄気象台は、10日から11日にかけて、沖縄本島地方では警報級の大雨となる恐れがあるとして、土砂災害などへの注意を呼び掛けている。沖縄地方は、梅雨前線の影響で大気の状態が非常に不安定となっている。 11日、沖縄本島地方では多いところで1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となる見込み。