沖縄気象台は、10日から11日にかけて、沖縄本島地方では警報級の大雨となる恐れがあるとして、土砂災害などへの注意を呼び掛けている。沖縄地方は、梅雨前線の影響で大気の状態が非常に不安定となっている。

大気の状態が不安定です。あすの気象情報には注意を=10日、那覇市内

 11日、沖縄本島地方では多いところで1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨となる見込み。これまでに降った雨で地盤の緩んでいるところもあり、土砂災害の恐れもある。

 11日にかけては、積乱雲も発達するため、沖縄地方では落雷や竜巻など激しい突風による被害が起こる恐れも。同気象台は、屋外では注意して行動するなど、安全確保を呼び掛けている。