沖縄タイムス+プラス ニュース

儀間光男参院議員が勇退へ 次期立候補は見送り 日本維新の会所属

2019年6月11日 06:00

 日本維新の会の儀間光男参院議員(75)=比例代表=が、任期満了に伴う夏の参院選に出馬せず、勇退する意向であることが9日、関係者への取材で分かった。年齢などを考慮して判断した。

儀間光男氏

 すでに党幹部や後援会に自身の考えを伝えているが、後援会には続投を望む声もある。近く後援会と協議し、不出馬を正式に決めるとみられる。

 儀間氏は沖縄タイムスの取材に「後援会と協議中で結論は出ていない」と述べるにとどめた。

 儀間氏は1973年の沖縄県浦添市議選で初当選。浦添市議2期、県議4期を経て、2001年から浦添市長を3期務めた。13年の参院選比例代表に維新から立候補し、初当選した。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気