沖縄タイムス+プラス ニュース

「K8」護岸きょうから使用 岩屋防衛相 埋め立て土砂を陸揚げ

2019年6月11日 11:04

 【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、岩屋毅防衛相は11日の記者会見で、埋め立て土砂の陸揚げに使用される「K8」護岸について「所要の準備が整いましたので、本日から開始するという報告を受けた」と発表した。防衛省は同日までに、K8護岸の使用を県に報告した。

辺野古の工事区域と護岸の位置

 岩屋氏は「私どもとしては引き続き地元の皆さまのご理解を得る努力を続けながら、1日も早い最終的な普天間基地の返還を実現するために、作業を一歩ずつ前に進めさせていただきたい」と述べた。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間