県立博物館・美術館で開催する「國吉清尚・清雲−兄弟展」の準備に余念がない國吉清雲さん。全国的な評価を得た陶芸家だった兄の清尚さんは今年で没後20年を迎える。「5月に石垣市で展示があり、県外からも見に来る人がいた。兄が亡くなっても作品は生きてますね」と話す。