沖縄県那覇市の城岳小学校の児童2人が5月17日、近くの駐車場で倒れていた80代男性を発見し、近くにいた警察官に知らせた。那覇署は「勇気ある行動で素晴らしい」と話している。(社会部・新垣卓也)

男性が倒れているのを警察に伝えた上地純人さん(左)といとこの上地海凛さん=6日、那覇市・城岳小学校

 児童は、5年の上地純人さん(10)と、いとこで4年の上地海凛さん(9)。

 放課後、キャッチボールをしに自転車で城岳幼稚園へ向かっていた2人は午後5時半ごろ、駐車場に集まっている他の児童たちを見掛けた。

 「おじさんが寝ている」と聞いて駆け寄ると、高齢男性があおむけで倒れていた。めくれたワイシャツの下から見える右腹は赤く腫れ、「あのー」と声を掛けても反応はなく、かすかにうめき声を発していたという。

 怖いけど、誰かに言った方が良い―。とっさの判断で2人は約100メートル先に偶然止まっていたパトカーまで自転車をこぎ、警察官に状況を伝えた。現場に来た警察官はすぐに救急車を呼び、男性は病院に搬送された。後日、那覇署員が学校を訪れ、2人に感謝を伝えた。

 同小の宮里寿子校長は「大人が倒れていたら、子どもたちは驚くはず。誰かに伝えたのは素晴らしい」とたたえる。

 2人は「勇気を出してよかった」とはにかんだ。