映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、沖縄県北谷町美浜のミハマ7プレックスで再上映されている。期間限定で13日まで。

これまでに鑑賞した映画チケットを手に笑顔を見せる久高純子さん=9日、北谷町・ミハマ7プレックス

 音楽専門のスピーカーが通常の映画館より多く設置されている「凄音(すごおん)」上映。

 6月9日の「ロックの日」にあたる上映には、同映画の大ファンで、県外の映画館での上映を含め計65回鑑賞しているという久高純子さん(70)=浦添市=が招待された。

 主人公フレディ・マーキュリーの「なりたい自分になる」というセリフがお気に入りと話す久高さん。

 「最後のライブシーンは凄音だからこその迫力で、自分もメンバーの1人になった気分になれる。何回見てもパワーをもらえる作品」と笑顔で話した。