沖縄タイムス+プラス ニュース

玉城デニー知事、基地周辺からのPFOS検出問題で防衛省に要請

2019年6月12日 13:09

 【東京】米軍嘉手納基地や普天間飛行場の周辺から、有機フッ素化合物のPFOS(ピーホス)などが検出されている問題を受け、玉城デニー知事は12日午前、防衛省を訪れ岩屋毅防衛相にPFOSなどの健康影響を明らかにし公共用水域・土壌の環境・水道水質基準値の設定する事などを要請した。玉城知事は同日午後に環境省や厚労省を訪れ、同様の要請を行う。

防衛省での要請後、記者団の質問に答える玉城デニー知事=12日、防衛省

 岩屋氏への要請後、玉城知事は記者団に「日本国で(PFOSなどの)基準がなく安全かどうか判断の根拠がない。早急に各省庁でこの問題を共有し、法的な規定を定めていただきたい」などと話した。

 防衛省では、浦添市の浦西中学校に米海兵隊CH53E大型輸送ヘリの部品が落下した事故や、名護市辺野古の埋め立て工事における「K8」護岸の使用についても抗議した。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング