◆河村雅美氏 インフォームド・パブリック・プロジェクト(IPP)代表 県民が求めているのは目標値の設定ではなく、飲み水の安全だ。米軍基地由来の有機フッ素化合物についての知見が少なく、沖縄に真摯(しんし)に向き合わない日本政府に、県民が安心する数値がつくれるのだろうか。