服飾や雑貨など、県内の27ブランドでつくる販路拡大プロジェクト「APARTMENT OKINAWA」(アパートメント・オキナワ、AO)の直営店が27日、浦添市の「サンエー浦添西海岸パルコシティ」内にオープンする。来春には百貨店「博多阪急」に2号店を出店する予定。台湾や香港、シンガポールへの売り込みも計画している。

県内27ブランドの直営店「アパートメント・オキナワ」のオープンをPRするホーセルの金江幸一社長(前列左から4人目)ら=13日、那覇市の県立博物館・美術館

 紅型のデザインを衣服に取り入れたヨーカンや、米軍機「オスプレイ」をTシャツの絵柄にするなど沖縄の社会問題をプリントで表現するリハーサル、紙製のネックレスやピアスを制作・販売しているペーパージュエリーなどのブランドを、1カ所に集めて販売する。

 プロジェクトの呼び掛け人で、アクセサリーメーカー・ホーセル(豊見城市)の金江幸一社長らが13日、県立博物館・美術館で会見した。

 金江氏は「店舗を持つことで商品を常時発信し、安定して売ることができるようになる。ファッションの島沖縄として新たな産業にしたい」と意気込んだ。

 AOは、個別のブランドでは人員に限りがあるため、各ブランドが協力して商品の販路開拓や発信力を高めていこうと、2017年4月に立ち上がったプロジェクト。

 県外百貨店の催事に短期出展して販売してきたが、サンエーパルコ側から直営店の提案を受け、1号店として出店する。

 ブランドのコラボ(提携)商品を店舗限定で販売するほか、コンテストなど若手育成の企画を展開する。