浦添市幹部が一般女性の胸を触ったとされる問題で、同幹部の代理人弁護士が女性側に示談を持ち掛けていたことが13日までに分かった。女性側は拒否する考えで「お金の問題ではない。しかるべき罰を受けてほしい」と話している。

(資料写真)浦添市

 女性側によると、11日午後に幹部の代理人が自宅を訪れて謝罪し、示談を提案した。その後、代理人からメールで示談金10万円が示されたという。

 問題が起きたのは3月26日夜。市内の飲食店で複数の市職員や市議で懇親会を開いていた。松本哲治浦添市長は5月31日に会見を開き「限りなく真実であっただろう」と謝罪した。