県内の高校生らが大麻取締法違反容疑で逮捕された事件を受け、県高校PTA連合会など14団体でつくる県社会教育関係団体等連絡会は14日、県庁で「薬物乱用防止に係る緊急アピール」を発表し、地域ぐるみで薬物から子どもを守るよう呼び掛けた。

押収された大麻(県警提供)

 アピールでは「薬物乱用は絶対に許しません」と強調し、「子どもが薬物乱用に巻き込まれない健全な地域社会をつくる」「子どもに社会の規範意識を育む」「子どもの悩みに真剣に向き合う」など7項目を掲げた。

 県高校PTA連合会の宮城光秀会長は「今回の事件は大変残念。薬物乱用は子どもの健やかな成長を阻み、安全な地域社会を脅かす。『絶対に許しません』という強い気持ちで緊急アピールを出る」と述べた。