映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」(佐古忠彦監督)が8月17日から那覇市の桜坂劇場で先行公開される。戦後の沖縄で米軍の圧制に立ち向かった政治家、故瀬長亀次郎を描いた「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」(2017年公開)の続編。

桜坂劇場

 前作は桜坂劇場で370日間のロングラン上映を記録した。新作は瀬長の生涯と復帰直前の沖縄の歴史を背景に、生前残した日記を読み解きながら、政治家としての側面だけでなく家族と過ごす日常の様子を映した。

 語りは山根基世、役所広司、音楽は坂本龍一が担当。全国での公開は8月24日。