JAおきなわは14日、JA共済連沖縄に出向している30代男性職員が、事故情報を改ざんし、自動車共済金を不正に取得していたと発表した。2014年3月から18年12月の4年9カ月間で不正事案が96件確認され、金額は1893万1483円に上るという。

JAおきなわマーク

 男性は事故受付時に事故情報を改ざん。実在しない被害物を追加し、不正に共済金を支払っていた。今年2月、内部の調査で発覚した。男性は不正取得を認めているという。

 JAおきなわとJA共済連沖縄は再発防止に向け「内部管理態勢の一層の充実強化、コンプライアンス体制の確立などに組織をあげて取り組んでいく」とコメント。また、組合員や契約者に対する被害は確認されていないとしている。