川崎市で5月28日に小学校の児童ら20人が殺傷された事件は、学校関係者や保護者に衝撃を与えた。沖縄県内でも各警察署が登下校時の立哨警戒やパトロールを継続しているほか、学校や商業施設と連携して不審者対応訓練や児童への防犯指導などを強化している。