名護市辺野古の海を埋める以外、抑止力を維持しつつ負担軽減する道はない、と政府は強弁する。集団的自衛権と同様、政府は「抑止力」を紋所に国民を思考停止に陥れる。  在沖米軍基地の75%を占有する海兵隊の運用が基地問題を考える基礎的な要素となるはずだ。しかし政府はその肝心な部分を論じようとしない。