沖縄タイムス+プラス ニュース

精肉→ハンバーガー→総菜→特産品 夫と切り盛り照屋さん 公設市場47年目で卒業

2019年6月17日 18:00

 特産品の店「寿」の店主、照屋悦子さん(69)=那覇市小禄=はこの日をもって店を“卒業”した。夫の信栄さん(79)と、現施設に建て替えられた1972年から3度の衣替えで計4店舗を切り盛りしてきた。

常連客の新垣海梨さん(左)から花束をもらった照屋悦子さん

 夫妻が最初に始めたのは精肉店。8年間続いた後、「次はハンバーガーだ」という信栄さんの一言でカウンターを造り、ハンバーガーショップ「キングレット」を始めた。

 「主人といろんな店の商品を食べ歩いてメニューの研究をしたよ」。精肉店の経験から肉にこだわったメニューを考案。チャツネを入れたミートソーススパゲティやカレーライスは好評だったという。15年続いたが、再び信栄さんのアイデアで総菜屋に生まれ変わった。「ハンバーガーが大変だったから楽しようと思ったのに、朝早く野菜を農連市場へ買いに行って余計に大変だったわよ」と笑う悦子さん。18年前に特産品の店に3度転身した。

 信栄さんが持ってくるサトウキビを悦子さんがジュースにして販売してきたが、3年前に信栄さんが入院。仮設市場への移転をきっかけに店じまいを決めた。「主人が元気だったら仮設にも行ったかもしれないねえ」

 現市場最後の日には、常連客たちが花束を持って悦子さんをねぎらった。「ここは私にとって第二の生活の場だった。あしたからそれがなくなるのはさみしいね」と名残惜しそうな悦子さん。「ハンバーガーに総菜屋、主人の一声で全部未経験のなか始めたけど楽しかった」と47年間の市場生活を振り返った。

 

ありがとう牧志公設市場 ウェブ写真館
1960年代から現在まで、本紙が取材で撮影した写真を多数掲載しています。心に刻みたい沖縄の風景、こちらからチェックできます。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ
「#やーでうちなー」プロジェクト
「#やーでうちなー」プロジェクト
今は行けない沖縄を感じる写真を、ウエブ会議の背景用に提供