沖縄県の石垣市議会(平良秀之議長)の6月定例会は17日、尖閣諸島をめぐる玉城デニー知事の発言に対する抗議決議案を賛成12、反対8、欠席1の賛成多数で可決した。

17日に開会した石垣市議会の本会議

 議長を除く出席議員20人のうち与党と保守系野党議員12人が賛成し、野党8人が反対した。

 玉城知事は5月31日の記者会見で八重山漁船が中国公船に追尾された件について「中国公船がパトロールしていることもあるので、故意に刺激するようなことは控えなければならない」との認識を示していた。

 抗議決議ではこれに対し、「日本の領海内で漁労することがなぜ中国を刺激するのか」「玉城知事にとって尖閣諸島周辺は日本の領海ではないとの認識なのか」などと非難した。