【那覇】民間で海難事故の救助に当たる琉球水難救済会(比嘉榮仁会長)の「三重城救難所」開所式が5月29日、市辻町の波の上うみそら公園であった。同会の救難所は統廃合を経て、今回で80カ所目。 救難所によると、公園周辺では年間約2万人のダイビング利用者やホエールウオッチングでの船利用者らがいる。