国地方係争処理委員会が17日に開いた記者会見で、富越和厚委員長と記者団の主なやりとりは以下の通り。 (冒頭、委員長発言) 前回の執行停止決定から審査請求の裁決に変わった点を除くと県の審査申し出の主張は同旨で、委員会の判断も基本的に同旨。裁決の成立に瑕疵(かし)があるとはいえない。