【石垣】上に反り返ったくちばしと細長い脚が特徴のソリハシセイタカシギが13日、市内の水の張られた休耕田で羽を休めているのが確認された。県内では秋〜春にかけてまれに飛来する旅鳥で、初夏の6月に確認されるのは珍しい。「石垣島フィールドガイドSeaBeans」の小林雅裕さん(44)が発見し、撮影した。