県指定無形文化財沖縄伝統音楽安冨祖流保存会の第4回保持者公演「絃聲一体」が9日、浦添市の国立劇場おきなわであった。新保持者のお披露目もあり、歌三線の7人は独唱で琉球古典音楽の世界観を描き出した。笛で認定された2人との共演もあった。 歌三線で2人目の女性保持者となった城間恒子の演目は「仲間節」。