国内では先島諸島にしか生息しない野鳥のズグロミゾゴイ1羽が沖縄本島で確認された。南部自然を守る会の橋本幸三さんが15日、糸満市内の公園で撮影した。沖縄野鳥の会によると本島で初確認という。

ミミズなどの餌を探し、木の下を歩くズグロミゾゴイ=15日、糸満市内(橋本幸三さん撮影)

 橋本さんは散歩中に見慣れない鳥を見つけ撮影。ズグロミゾゴイと確認した。「同じ地域で生息して渡りをしない留鳥。なぜ、糸満にいるのか」と驚く。

 沖縄野鳥の会の山城正邦会長は「断言はできないが、地球温暖化の影響で生息域が本島まで上がってきているのかもしれない」と話した。