【ロンドン共同】メイ英首相の後継を決める与党保守党の党首選は19日、党所属下院議員による第3回投票を行い、10月末までの欧州連合(EU)離脱を強く主張するジョンソン前外相が他候補との差をさらに広げてトップを維持した。

 英ロンドンの自宅を出るジョンソン前外相=19日(ロイター=共同)

 20日の第4回投票にはジョンソン氏と閣僚の3候補が進んだ。ジョンソン氏に対抗するため候補一本化などの動きがない限り、大差で首位を走り続ける同氏の優位は変わらないとみられる。

 議員投票は20日で終了し、党員による決選投票に進む2候補が決まる。(共同通信)