オリオンビールは19日、2018年度決算を発表した。ビール類販売が県内で苦戦し、売上高は前年度比2・2%減の257億2500万円となった。減収に加え、経営陣による自社株買収(MBO)の実施に向けたアドバイザー費用などがかかり、経常利益は13・8%減の28億2700万円となった。