沖縄工業高等専門学校発のベンチャー企業シルクルネッサンス(名護市、伊東昌章社長)と総合食品メーカーの大関(兵庫県)は19日、カイコの気管から成分を抽出して試験管でタンパク質を作る独自の技術を活用し、タンパク質の受託合成サービスを始めると発表した。