2018年度の沖縄振興一括交付金の執行率(国費ベース)は79・2%で、17年度より2・4ポイント増加したことが20日までに、沖縄県財政課のまとめで分かった。執行率は特別推進交付金(ソフト交付金)で88・5%(9・2ポイント増)、公共投資交付金(ハード交付金)で71・2%(3・2ポイント減)だった。