妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新出生前診断について、厚生労働省は22日までに、実施の在り方を議論する検討会を近く設置する方針を決めた。(共同通信)