沖縄タイムス+プラス ニュース

届け甲子園まで スタンドの応援合戦にも注目 高校野球沖縄大会 糸満VS首里 一致団結で挑む

2019年6月22日 21:00

 第101回全国高校野球選手権大会(8月6日から16日間・甲子園)の出場校を決める地方大会は22日、全国のトップを切って沖縄と南北海道で開幕した。

すでに動きはぴったりの首里応援団=首里高校石嶺球場

初戦に向けて応援練習にも熱が入る糸満野球部=糸満高校

黄色に染まる糸満スタンドは声量で圧倒する=2018年

うねりを上げる「首里高サンバ」で選手を後押し=2017年

すでに動きはぴったりの首里応援団=首里高校石嶺球場 初戦に向けて応援練習にも熱が入る糸満野球部=糸満高校 黄色に染まる糸満スタンドは声量で圧倒する=2018年 うねりを上げる「首里高サンバ」で選手を後押し=2017年

 今春のセンバツ決勝で話題になった、東邦と習志野の「美爆音対決」。甲子園のアルプススタンドにも匹敵する応援合戦が、沖縄で見られるかもしれない。22日に開幕した全国高校野球選手権沖縄大会。第2日の23日、沖縄セルラースタジアム那覇である「首里−糸満」の一戦は、スタンドでの熱い戦いにも注目だ。

 両校ともに県内屈指の大応援団を誇る実力校。糸満は黄色に、首里は青色にスタンドが染まり、野球部員だけでなく何百人もの生徒が大声援を送る。11日の組み合わせ抽選会で対戦が決まると、ツイッターでは「応援の方も激アツ」「スタンドが壊れる」などプレーだけでなく、応援団対決を期待する声が上がった。

 首里応援団の見どころは、チャンステーマの「首里高サンバ」。応援の定番曲「サンバ・デ・ジャネイロ」に合わせて、スタンドが一斉に踊りだし、一糸乱れぬ動きはまるで大きな波のよう。うねりはグラウンドの球児にも乗り移り、応援団副団長の新里拓海は「負けているときとかにやると逆転したりする。魔曲です」と戦力の一つに挙げた。

 糸満だって負けてはいない。太鼓をたたく加藤晴也は「糸満は質より量。声で圧倒します」と気合十分。野球部は応援団で約90人、他の生徒も巻き込んで応援ツアーを組む。「ハイサイおじさん」や4番山城真平の打席で響く、クイーンの「ウィー・ウィル・ロック・ユー」は腕の見せどころで「いろんな高校が使っているけど、糸満が一番格好いい」と胸を張る。

 糸満では、6月上旬にベンチに入れなかった3年生の引退試合があった。応援団長の神谷俊都はスタンドから声援を送ってくれたレギュラーに感謝し「次はこっちの番。全員が応援団長」と一致団結で挑む。

 首里では入学時からすぐに「首里高サンバ」を踊れる生徒もおり、一昨年は団体チケットが500枚も売れるほど野球応援が盛ん。応援団長の又吉晃矢は「どっちも応援が一つのポイントになる。声帯がつぶれるくらい、死ぬ気で応援する」と拳を握った。

 試合に出場できなくても、思いは一つ。魂を込めた応援で、チームを勝利へと導く。(我喜屋あかね)

タイムスのウェブで全試合速報

 沖縄タイムス社は、1回戦から決勝戦まで全試合のイニングスコアを「沖縄タイムス+プラス」「沖縄タイムス+プラス スポーツ」と携帯サイト「ワラモバ」(いずれも有料)で速報します。
http://app.okinawatimes.co.jp/hs_baseball/

 

取材写真を一挙公開! 高校野球「熱闘アルバム」

球児の「特別な夏」を応援するため、新聞に掲載できなかった写真は試合ごとに公開しています。甲子園という目標がなくなっても前を向き奮闘する選手たちの姿を、本紙カメラマンの写真でお伝えします。

>>各試合の写真を見る

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験6月26日締め切り。応募要項はこちら。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
求む!やちむんを救って頂ける方〜コロナで大打撃の沖縄の陶器『やちむん』の行き先を探してます〜
「Link-U(リンクユー)」を通して壺屋陶器事業協同組合(島袋常秀理事長)の陶器販売を支援
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。