【崎原朝一通信員】首都ブエノスアイレスから南へ約30キロ離れた所に位置し昔から多くの沖縄県人、特に名護の人たちが入植し、野菜・花卉(かき)栽培に従事したフロレンシオ・バレラ市。現在は他地域や隣国から転住した人たちが増える新興都市に変わりつつある。