妊婦の血液でダウン症など胎児の染色体異常を調べる「新出生前診断」の実施施設を拡大する新指針について、日本産科婦人科学会は22日、運用を当面見送ると発表した。(共同通信)