3年前から北部在住のメンバーで結成した釣りクラブに所属する名護市の吉田知さん。月に1回、磯からのエギングや遊漁船を貸し切ってヤンバルの海に繰り出すのが最大の楽しみだと話す。13日、メンバー6人で比嘉浩樹船長のビオスで屋我地漁港から出港。古宇利沖の水深40メートルの浅場でグルクンを釣り、生き餌にして回遊魚を狙うことにした。

古宇利沖で112センチ、19・75キロのロウニンアジを釣った吉田知さん=13日

泊海岸で46.5センチ、2.23キロのカーエーを釣った釣和海の比嘉悠さん=5日

伊是名海岸で57センチ、2・55キロのムネアカクチビを釣った儀間和章さん(左)と光さん=5月12日

東海岸で40センチ、1.21キロのマクブを釣った珍福会Jrの小橋川すかいさん=15日

本部海岸で40センチ、1.5キロのスジブダイを釣った金城龍拓さん=12日

知念海岸で42・2センチ、1・18キロのカーエーを釣った座間味隆二さん=13日

東海岸で23・5センチのユダヤーガーラを釣ったスウィニー・ネヴィンさん=10日

那覇一文字で44・5センチ、1・58キロのカーエーを釣った諸見明さん=18日

古宇利沖で112センチ、19・75キロのロウニンアジを釣った吉田知さん=13日 泊海岸で46.5センチ、2.23キロのカーエーを釣った釣和海の比嘉悠さん=5日 伊是名海岸で57センチ、2・55キロのムネアカクチビを釣った儀間和章さん(左)と光さん=5月12日 東海岸で40センチ、1.21キロのマクブを釣った珍福会Jrの小橋川すかいさん=15日 本部海岸で40センチ、1.5キロのスジブダイを釣った金城龍拓さん=12日 知念海岸で42・2センチ、1・18キロのカーエーを釣った座間味隆二さん=13日 東海岸で23・5センチのユダヤーガーラを釣ったスウィニー・ネヴィンさん=10日 那覇一文字で44・5センチ、1・58キロのカーエーを釣った諸見明さん=18日

 午前中、グルクンの反応は好調で船内のどの位置からもコンスタントに釣れている。群れの反応が薄まると、大型魚が近づいた合図だと、すぐに生き餌を送り込むと昼までに3キロのアカジンが3匹。

 それから潮が止まり、船上が静まり返ったので場所の移動を繰り返す。午後4時、ようやく潮が走りだしたところで吉田さんの生き餌に大物が食いついた。PE4号ラインを巻いたリールから道糸がどんどん引き出される。200メートル近く出されたところで勢いが弱まり、回収すると112センチ、19・75キロのロウニンアジ(GT)をゲットした。

    ◇    ◇

 梅雨の時期、知念海岸の水深2メートルの浅場でカーエーの数釣りを狙う南城市の座間味隆二さん。根掛かりの激しい地形で、夜釣りよりも夕マズメの時間帯に群れで回遊してくることが多いそうだ。過去には40センチの中型を最大7匹釣っていて、一番大きなサイズで46センチだと話す。13日の夕方、道糸8号、ハリス6号に練り餌を掛けた伊勢尼11号の針を海底ギリギリに漂わせた。午後6時30分、ファーストヒットは37・5センチ、15分後に42・2センチ、1・18キロのカーエーを釣り上げた。(名嘉山博 釣りPower)