沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古の新基地中止求める玉城知事 河野外相は触れず 沖縄で面談、すれ違う対話 

2019年6月23日 11:00

 玉城デニー知事は22日、河野太郎外相と県庁で面談し、名護市辺野古の新基地建設を中止した上で県と政府の対話の場を設けるよう求めた。河野外相は「安倍晋三首相から沖縄の基地負担軽減のためできることはすべてやるようにと指示を受けている」と述べたが、新基地問題には言及しなかった。また、外相は米軍基地周辺から有機フッ素化合物のPFOS(ピーホス)などが検出されている問題で、米軍が嘉手納基地、普天間飛行場でPFOSを使用しない製品への転換を進めていると説明した。

河野太郎外相(左)に基地負担軽減の要望書を手渡す玉城デニー知事=22日、県庁

 玉城知事は2月の県民投票で新基地建設に伴う辺野古埋め立ての反対の民意が示されたことを強調。「圧倒的多数で明確に示された民意は極めて重い。直ちに工事を中止し、県との真摯(しんし)な対話の場をつくるよう外相も尽力してほしい」と求めた。

 河野外相は面談後、記者団に対し「普天間の固定化を避けなければいけないのは沖縄、政府の共通した思いで、政府として努力したい」と述べた。

 辺野古には直接触れないものの、新基地建設によって普天間の返還を実現する政府の従来姿勢を踏襲した格好だ。

 県は面談で新基地建設の中止を含めた14項目の基地問題の解決を要望した。

 PFOSについて河野外相は「嘉手納基地はPFOSを使う機材を入れ替える契約が終わった。普天間は2016年以降PFOSは使われておらず、嘉手納同様に対応するよう調整している」と述べた。

 玉城知事は国や県による基地内の立ち入りや米軍が把握する情報の提供などを要求した。

 日米地位協定の改定について河野外相は「米軍基地を抱える神奈川出身なので意見交換をさせてほしい」との考えを示した。

 県が日米合同委員会の議事録の公開を求めたのに対し「どういう情報が公開できるか(日米で)話し合いを進めている」と述べた。

 河野外相は23日の沖縄全戦没者追悼式に出席するために来県した。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気