戦火の嵐吹きすさび、灰じんに帰した「わした島ウチナー」。県民は、想像を絶する極限状況の中で、戦争の不条理と残酷さを身をもって体験しました。 あれから74年。