大弦小弦

[大弦小弦]自衛官の集団参拝

2019年6月24日 05:00

 互いの顔も見えない闇の中で、那覇市の男性(41)に会った。23日午前4時半、日本軍の牛島満司令官らを祭る糸満市の黎明(れいめい)之塔。自決の時間に合わせて、男性は来た。恒例となった自衛官の集団参拝も見届けたいという

▼沖縄戦を戦った日本軍には「感謝の気持ちがある」と語る。自衛隊は戦後、違う組織として出発したはずでは、と聞くと「沖縄を守る仕事は同じ。志は受け継いでもいいと思う」と考えを話してくれた

▼自衛官が来た。制服の約30人。沖縄の陸自トップを先頭に菊の花を1本ずつささげ、無言で帰って行った

▼夜が明け、魂魄(こんぱく)の塔では花瑛塾の仲村之菊(みどり)塾長(39)に出会った。「愛国団体」を掲げるが、司令官ではなく名もなき犠牲者を弔うこの塔に手を合わせていた。「自衛隊は日本軍の過ちを謝罪していない」と厳しい

▼スパイ視による住民虐殺、持久戦による犠牲拡大。「歴史を認識しないまま自衛隊が沖縄に寄り添うことはできない。侵略と受け取られても仕方がない」と憂う

▼琉球弧で自衛隊基地の新設が進む。宮古島では住民が不安視した弾薬庫の存在を隠していた。与那国島の住民も、知らない間に弾薬庫と同居させられていた。沖縄戦は、軍隊は住民を守らない、という事実を私たちに教えている。改めて問う。自衛隊は日本軍の後継者なのか、違うのか。(阿部岳

ルポ 沖縄 国家の暴力 現場記者が見た「高江165日」の真実
阿部 岳
朝日新聞出版 (2017-08-21)
売り上げランキング: 5,370
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気