24日午前9時54分ごろ、沖縄県うるま市大田の3階建てビルそばの丘で土砂崩れがあった。高さ約15メートルの位置から土砂が縦約9メートル、幅約6メートルの範囲で崩れ、直径50センチ~2メートルほどの岩が地面に転げ落ちた。ビル2階の事業所の窓を割って、土砂が室内に入ったが、けが人はいなかった。土砂は保護フェンスを破り、直径約2メートルの岩が同事業所の窓の目の前まで迫った。

事務所の右奥の窓を割って土砂が流入した。けが人はいなかった=24日午後1時10分ごろ、うるま市大田

丘から崩れた大きな岩が転がる=24日午後1時18分ごろ、うるま市大田

崩落現場を確認するうるま市職員=24日午後0時50分ごろ、うるま市大田

事務所の右奥の窓を割って土砂が流入した。けが人はいなかった=24日午後1時10分ごろ、うるま市大田 丘から崩れた大きな岩が転がる=24日午後1時18分ごろ、うるま市大田 崩落現場を確認するうるま市職員=24日午後0時50分ごろ、うるま市大田

 同ビルには複数の事務所が入っている。その一つにいた事務員の高尾佳世さん(45)によると、同日午前9時半ごろから丘から「コロコロ」と石が転がる音が聞こえ始めた。注意して丘を確認していると高い位置から降るように崩れ出しているのが見え、室外に逃げた。先週から小規模の土砂崩れが発生していたという。

 高尾さんはむき出しになった山肌と岩を見ながら「ショックだ。全国の(土砂災害の)ニュースを見ながら気をつけなければと思っていたが、実際に起こると何もできない」と顔をこわばらせた。