【山城博明通信員】オキナワ日本ボリビア協会福祉部(安里ファウスト部長)はこのほど、「がんじゅうフェスタ」と題した高齢者交流会を協会ホールで開いた=写真。

 参加したのはオキナワ移住地、サンフアン日本人移住地、サンタクルス市内のデイサービス83人とサポータースタッフ75人。「肝かなさ節」のリズムで体をほぐした後、3地区の参加者による合奏や合唱があり、昼食にはオキナワ移住地婦人会の沖縄そばなどが振る舞われた。チーム対抗輪っかリレーなども楽しんだ。