小学2年の時に友達の勧めで赤嶺嘉松氏の道場に入門した。最初は稽古をする同世代の姿を見て「できるようになるのか不安もあり、緊張していた」という。週2回の稽古に通ううちに緊張も解け、型を覚えたことで自信がついた。公民館であった十五夜祭りで舞台に上がり演武をしたことが印象に残っている。